シンプルに使う

洗顔料には様々な種類がありますが、シンプルな洗顔石鹸ほど肌に優しいというメリットがあります。 通常の洗顔料には合成界面活性剤が使用されていますが、洗顔石鹸の場合には石鹸素地のみの肌に良くない成分が使われていないものが多いのです。 界面活性剤は泡立ちを良くしたり汚れを落としやすくしてくれますが、人によっては肌荒れを起こしたり乾燥しやすくなったりなど、肌トラブルを起こす場合があるのです。 シンプルな石鹸ほどそのようなリスクが少なくなるため、どのような肌質の方でも安心して使えるというメリットがあります。 ただし、洗浄力が強めのものが多いため、肌が乾燥しやすい方は天然のオイルが配合されたものなどを選ぶのが良いでしょう。

いつも使っている洗顔石鹸にも、実は消費期限というものがあります。 外装などにいは表示されていませんが、大まかに3年から5年程度だと言われています。 また、防腐剤などが入っていない無添加の洗顔石鹸などは、それよりも期限が短いです。 いただき物の洗顔石鹸がたまっている場合には、使う前にしっかりと確認してみるのが大切です。 色が変色していたり油の嫌な臭いがしたりする場合は、肌に使うのは止めておくのが良いでしょう。 ただし、洗浄力がそのままの場合には、掃除などに生かして使うことができます。 肌に直接使うものですから、なるべく溶けない場所に保存しておいて、早めに使うのが大切です。 一般的なものの場合、3年程度を目安にして、使う前にしっかりと確認するようにしましょう。

ページのトップへ戻る