原因と対策

現在では、「ノネナール」という成分が加齢臭の主な原因だと言うことがわかっています。 ノネナールは皮脂腺から分泌されていて、雑菌などによって分解されたり酸化することによって加齢臭独特の臭いを発しています。 特にノネナールの分泌量が多いのが耳の裏側や襟足などと言われています。 加齢臭の場合、普通の石鹸やボディーソープなどで体を洗っても、一時的には臭いが軽減されますが、時間が経過すると臭いを発するようになるのが特徴で、自分では気付きにくいとも言われています。 また、一般的には男性の方が臭いが強い傾向にありますが、女性も同様に加齢臭を発することがあります。 最近では、加齢臭専用の石鹸なども色々と販売されています。

現在、加齢臭専用の石鹸で多いのが柿渋を使用した石鹸です。 柿渋にはタンニンやポリフェノールが豊富に含まれていますが、タンニンには消臭効果や殺菌効果があるとされています。タンニンが含まれているものとしてはワインや緑茶などがあげられますが、柿にはそれらの食品とは比較にならないほど多くのタンニンが含まれています。 また、ポリフェノールには抗酸化作用があるため、臭いの元となる活性酸素を分解する働きがあります。 最近ではドラッグストアやインターネット通販などでも柿渋の成分を使用した加齢臭専用の石鹸やボディーソープが数多く販売されています。 また、抗酸化作用に優れた成分が含まれている食品やサプリメントなどを摂取することも効果的です。

ページのトップへ戻る